ロマンス小説感想日記

ロマンス&ミステリー小説感想日記

海外ロマンス小説、翻訳ミステリーのブックレビュー

 これは翻訳小説が好きな年齢不詳のマダムが読んだ本の感想をひたすら書いているブログです。ミステリーの感想が多くなってきたのでタイトルを以前の「ロマンス小説感想日記」から変更しました。

 

※ブログ内検索で作家名を入力の際は、名と姓を区切ってください。

 

※ご意見、ご質問等ありましたら、各記事の下のほうにコメント欄がありますのでお気軽に。

 

  2022年もたくさんの方が記事を読んでくださり、1か月あたりのページ閲覧数は5000程度に増えました。今年もこのブログを続けるつもりなので、気が向いた時に記事を読みに来ていただければ嬉しいです。

(ブックレビューで2022年にアクセス数の多かった記事)
1 ミッドナイト・サン S・メイヤー 1065
2 ステイ・クロース ハーラン・コーベン 572
3 ヴァージン・リバー ロビン・カー 454
4 さまよう記憶 サンドラ・ブラウン 271
5 アリスが語らないことは P・スワンソン 245
6 ミスター E・L・ジェームズ 225
7 永遠なる時の恋人 J・R・ウォード 223
8 ブラックサマーの殺人 M・W・クレイヴン 208
9 偽りの眼 カリン・スローター 189
10 キュレーターの殺人 M・W・クレイヴン 189

※よくわからない結果ですが、ミッドナイト・サンの閲覧数が圧倒的に多くて意外でした。ステイ・クロースとヴァージン・リバーはドラマ化の影響ですかね。そして「小説のタイトル+ネタばれ」で検索する方が多いのに驚きます。いつもネタバレしないように記事を書くのに苦心しているのですが・・。

 

 自己紹介  長いので別ページに


旧ブログ  2011~2014年頃に読んだロマンス小説の感想

 

月別アーカイブ






無断転載禁止 copyright © 2018 BOOKWORM