ロマンス小説感想日記

ロマンス小説感想日記

海外ロマンス小説、翻訳ミステリーのブックレビュー

2020-02-03から1日間の記事一覧

涙は風にふかれて ダイアナ・パーマー

これは1990年の作品だから、一昔前のメロドラマ風で少々陳腐ではあるけれど、山あり谷ありのストーリーで退屈することなく、そこそこ面白く読めた。

シヴァ 狼の恋人 マギー・スティーフベーター

この作品は2010年発売だからもう10年前か。トワイライトの後、色んな出版社がヴァンパイアものを出しまくっていた時期に刊行されたものの1つだけど、これは吸血鬼ではなく人狼のお話。今ではもうパラノーマル・ロマンスのブームは過去のものとなり、最近は…

無断転載禁止 copyright © 2018 BOOKWORM