ロマンス小説感想日記

ロマンス小説感想日記

海外ロマンス小説、翻訳ミステリーのブックレビュー

2022-06-27から1日間の記事一覧

黒と白のはざま ロバート・ベイリー

ボーは5歳の時に父親が白人至上主義団体KKKのメンバーによって殺されるのを見たが、黒人の少年の証言だけでは警察は何もしてくれなかった。そして45年後の父の命日に当時の事件の首謀者が殺害され、ボーが冤罪で逮捕される。

無断転載禁止 copyright © 2018 BOOKWORM