ロマンス小説感想日記

ロマンス小説感想日記

海外ロマンス小説、翻訳ミステリーのブックレビュー

湿地 アーナルデュル・インドリダソン

 地味に面白いアイスランドのミステリー。人口30万で犯罪も少ない国なのでミステリーを書く作家が少ないそうだけど、この作品は色んな言語に翻訳されて世界的なベストセラーになっているとのこと。確かに派手さはないけど独特の雰囲気があり、暗いけど深いストーリーに引き込まれた。

 事件は人口が少なく先祖をたどるとみんなどこかでつながっているようなこの国ならではの犯罪でとても興味深く、過去のレイプ事件が現在の殺人事件に繋がっていくストーリーが良くできていて面白かった。雨の多いアイスランドのじめじめした感じが伝わってきて、簡潔な描写なのに異国情緒が感じられて上手いと思った。全く馴染みのない国だったけどこれを読んだらアイスランドに行ってみたくなったわ。

 欧米の派手なアクション満載のミステリーに寄せるのでなく、アイスランドらしいミステリーを書くことに拘っている作者の姿勢が素晴らしいと思う。サイコパスの連続殺人とかではなく、ちゃんと動機のある殺人で、事件に関わった人々の苦しみが伝わってくるストーリーは読みごたえがあった。北欧ミステリーでもスウェーデンデンマークとはまた違う作風だと思う。内容は重いけど読みやすく、頁数も少なめなのでサクサク読めた。訳者さんのあとがきに、作者に会いにアイスランドまで行ったことが書いてあって面白かったし、アイスランドの色んな豆知識も得られて良かった。

湿地(字幕版)

湿地(字幕版)

  • イングヴァール・E・シーグルソン
Amazon

映画化されてます。prime videoにアイスランドの映画まであるなんて驚き! 

無断転載禁止 copyright © 2018 BOOKWORM