ロマンス小説感想日記

ロマンス小説感想日記

海外ロマンス小説、翻訳ミステリーのブックレビュー

天使の傷 マイケル・ロボサム

 Cyrus Havenシリーズ2作目。1作目を読んだら続きが気になるので次も読まずにいられないわよねえ。本作はイーヴィの過去に焦点を当てていてシリーズの核心をつく内容なので、割と最初からエンジン全開でストーリーが展開している気がした。前作は長い序章だったということか。

 イーヴィの素性を探る者が現れ、彼女に危機が迫る。有力者が絡む大がかりな犯罪なので、警察さえも信用できず、施設にいても安全ではなくなってしまう。イーヴィの過去は、ある程度予想はしていたけれど、やはり壮絶で、そんな幼い頃に地獄を見たにもかかわらず、誰にも心を打ち明けず孤独に生きている彼女が不憫で泣ける。何かと気にかけてくれるサイラスに対しても強がっていて、可愛げのないことばかり言っていても、傷ついた心が透けて見えるのよね。脆い心を抱えながらも強く生きているイーヴィのキャラクターが良かった。

 サスペンスに関しても、思った以上に大がかりな陰謀で面白かった。命を狙われながらも悪を暴こうとするイーヴィとサイラスの活躍はスリル満点。命がけで相手を守ろうとする2人が感動的だった。事件も一応は終結して危機は去ったし、イーヴィの過去も明らかになって満足したけど、まだシリーズは続くのね。

 

無断転載禁止 copyright © 2018 BOOKWORM