ロマンス小説感想日記

ロマンス小説感想日記

海外ロマンス小説、翻訳ミステリーのブックレビュー

チャイルド44 トム・ロブ・スミス

 先日トム・ハーディ主演の映画「チャイルド44」を見て、原作小説に興味が沸いたので読んでみた。いつもは小説を読んだ後に映画を見ることはあっても、その逆はあまりないんだけど、この映画は小説のストーリーをかなり端折っているみたいなので、原作を読んで内容を補完したほうがいいかなと。

 映画も割と良かったけど、小説は凄い。2008年刊行の少し古い作品だけど、当時ベストセラーになっただけあってかなり面白かった。ロシアが戦争をしている今、タイムリーな内容だし、昔のソ連の状況が興味深く、未読の方は読んで損はないと思う。

 スターリン時代のソ連が舞台で、主人公のレオはKGBの前身組織MGBの将校。作者はかなりリサーチしたらしく、当時の状況がものすごくリアルに描かれていて、本当に恐ろしい時代だったんだなあと心底震え上がった。映画では省略されていたけど、食糧不足のために飢餓で人々が死んでいくエピソードはかなりグロくて衝撃的だった。そんな時代にレオは、子供を狙う連続殺人犯の捜査をするのだけれど、警察は杜撰な捜査で捕らえた容疑者を本当は冤罪なのに有罪と断定してしまう。レオは野放しになっている真犯人を捕えようとするけれど、上が下した決定に逆らえば反逆者とみなされてしまうため、秘密裡に捜査をしなければならず、しかもそれがバレたら強制労働収容所送りにされてしまうという過酷な状況。正しいことをするのが困難な時代に、正義のために戦うレオが熱かった。全編通してレオの成長を描いていて、最初は政府の言われるままに仕事をしていた彼が、政府のやり方に疑問を抱くようになり、命令に反しても自分の正義を果たそうとするのが感動的だった。

 原作を読んでみると映画では物語の核心であるレオと殺人犯の関係についての部分が改変されていたことがわかり、そこは原作どおりのほうが良かったと思う。全体的に小説の陰惨すぎる部分が割愛されてマイルドになっていた。映画は小説のダイジェスト版みたいな感じで、これだけの内容をよく2時間でまとめたなあとは思う。

Child 44 (English Edition)

 

 

無断転載禁止 copyright © 2018 BOOKWORM