ロマンス小説感想日記

ロマンス&ミステリー小説感想日記

海外ミステリー、ロマンス小説のブックレビュー

招かれざる宿泊者 ヘザー・グーデンカウフ

招かれざる宿泊者 (二見文庫 グ 10-1)

招かれざる宿泊者 (二見文庫)

  • ヘザー・グーデンカウフ
  • 二見書房
The Overnight Guest: A Novel (English Edition)

The Overnight Guest: A Novel

  • Gudenkauf, Heather
  • Park Row

 

 原題が"The Overnight Guest"なので、てっきりクローズド・サークル系だと思って読み始めたら、あら何だか違うみたい。これはもしかして・・と思いながら読み進むと、まさかの拉致・監禁ものだった!タイトルに騙されて意表を突かれたけど、捻りのきいたサスペンスで面白かった。

 犯罪実話を題材にしたノンフィクションを書いている女性作家のワイリーが主人公で、20年前の殺人事件について執筆するため、犯罪現場だった空き家を借りて滞在していると、雪の中、庭に倒れている男の子を発見し・・・というストーリー。事件当時の緊迫した状況と、現在のワイリーの状況が交互に書かれていて、事件の詳細が明らかになっていくにつれ、だんだんと察しがついて繋がりが見えてくる。かなり凄惨な事件で、全編通して不穏な雰囲気が漂い、緊張感のあるストーリーが良かった。最初は主人公がやけに陰気で好きになれなかったけれど、読んでいるうちに共感できるようになっていった。暗いストーリーだけど、希望の見える結末が良かったし、読み終わってみればなかなか良い話だった。拉致・監禁ものは色々読んだけど、これは新しいパターンだと思う。犯人の動機や犯行に関してやや曖昧な部分があるので、ミステリーとしてはそこまでの緻密さは無いけど、面白いサスペンスだった。