ロマンス小説感想日記

ロマンス小説感想日記

海外ロマンス小説、翻訳ミステリーのブックレビュー

2020-10-27から1日間の記事一覧

運命のフォトグラフ ジュード・デヴロー

1896年のアメリカのお話。超リッチで甘やかされて育ったお嬢様ヒロインは、結婚相手を斡旋する慈善事業をしていて、ある日、寂しげな表情をした男性の見合い写真を見て一目惚れし、勝手に運命の人だと決めつけ、妻になるため彼の住む西部の町にやってくる。

無断転載禁止 copyright © 2018 BOOKWORM