ロマンス小説感想日記

ロマンス&ミステリー小説感想日記

海外ミステリー、ロマンス小説のブックレビュー

素晴らしき世界 マイクル・コナリー

Dark Sacred Night (A Renée Ballard and Harry Bosch Novel Book 1)

Dark Sacred Night (A Renée Ballard and Harry Bosch Novel Book 1)

  • Connelly, Michael
  • Little, Brown and Company

 

 ハリー・ボッシュ&レネイ・バラード共演。普通に面白かったけど、レネイが単独主役だった「レイト・ショー」のほうが好きかな。

 ハリーとレネイがそれぞれ個別に事件を抱えていて、空き時間に2人で過去の未解決事件に取り組んでいるという多忙な状況で、レネイが日々の勤務で対処している様々な事件に、ハリーが担当しているギャングの事件、2人で捜査している過去の事件と、色々書かれているから、そのぶん個々の事件の印象が薄くなっている気がするのよね。実際、警察の仕事はそういうものだろうからリアリティはあると思うけど、何だかたくさん事件があって忙しなかったなあというのが読後の印象。

 ボッシュのシリーズをそんなに読んでいないからわからないけど、ハリー・ボッシュは一匹狼のようなキャラクターだし、無理に他のキャラと共演させないほうが良いんじゃないかしら。2人がそこまで相性の良いコンビだとも思えなかったし。でも今後の作品もハリーとレネイのW主役みたいだから、これから良くなっていくのかもね。本作は個性の強いキャラ2人が同等に活躍している上に、質より量という感じで色んな事件を詰め込んでいるからやや散漫な印象で、やはり凄い難事件をじっくり捜査するほうが印象深いストーリーになると思う。別につまらなかったわけではなく、最後まで冗長に感じることもなく読めたし面白かったけど、この作者比では事件が小粒という気がした。