ロマンス小説感想日記

ロマンス&ミステリー小説感想日記

海外ミステリー、ロマンス小説のブックレビュー

ロング・プレイス・ロング・タイム ジリアン・マカリスター

ロング・プレイス、ロング・タイム (小学館文庫)

ロング・プレイス、ロング・タイム (小学館文庫)

  • ジリアン・マカリスター
  • 小学館
Wrong Place Wrong Time: A Reese's Book Club Pick (English Edition)

Wrong Place Wrong Time: A Reese's Book Club Pick

  • McAllister, Gillian
  • William Morrow

 

 イギリスの作家が書いたタイムトラベル要素のあるミステリーで、アメリカでもベストセラーになっていて、原書の評判も良いので気になっていたのよね。読んで納得、これは面白い!主人公が時間を遡って事件の謎を解き明かすストーリーだけど、難解なところもなく読みやすかった。夫とティーンエイジャーの息子がいる普通の女性が主人公で、ミステリーとしてもかなり面白いし、子供のいる女性なら共感すること間違いなしの家族ドラマも盛り込まれていてとても良かった。

 タイムトラベル+ミステリーだと、ややこしいストーリーになりがちだと思うけど(以前読んだスチュアート・タートンの「イヴリン嬢は七回殺される」は読みにくく内容もイマイチだった。)この作品は込み入った設定なのに非常に読み易く書かれていて、ストーリーも面白く作者の力量を感じた。過去を遡ることで謎を解くという点では、ミーガン・ミランダの「ミッシング・ガール」も似たような手法を用いていたけど、本作のほうがキャラクターが魅力的で、主人公が真相を探り出すのを見届けたくてどんどんページをめくってしまう勢いのあるストーリーが良かった。ある日、息子がナイフで男性を刺し殺してしまい、どうしてそんなことになったのか、母親である主人公がタイムトラベルしながら探り出すのだけれど、意外な事実がどんどん出てきてとても面白かった。最初はウィリアム・ランディの「ジェイコブを守るため」やアシュリー・オードレインの「衝動」みたいなサイコ・スリラー系かと思ったけど、そうではなく良い話系(?) だった。これから読む方の楽しみを奪ってしまうので詳しい内容は書けないけれど、女性におススメのミステリーです。(男性が読んでも面白いと思うけど。)

 

以下の感想は完全にネタバレしていますので、既読の方向けです。

Read More

 我ながら鋭いと思うのだけど、実は半分も読まないうちに、これはライアン=夫のケリーに違いない!と気付いたのよね。でもその後に、ライアンの兄がケリーだという記述があり、読みが外れたかと一瞬思ったけど、やはりそんなはずはないから、ライアンがケリーと名乗っているに違いないと思い直し、読み進むとやはり自分の予想どおりだった。そういうわけで、察しの良い読者なら展開が読めるかもしれないけれど、それでも十分楽しめるストーリーで、うまく読者をミスリードしているなと感心した。主人公のジェンも良かったけれど、ライアンのキャラクターも魅力的で、潜入捜査中に関係者の女性に恋してしまった彼の葛藤がよく描かれていたと思う。結末も良かった。