ロマンス小説感想日記

ロマンス小説感想日記

海外ロマンス小説、翻訳ミステリーのブックレビュー

明日のあなたも愛してる ケイシー・マクイストン

デビュー作の「赤と白とロイヤルブルー」が大ヒットして、この作者は次はどんな作品を書くんだろうと思っていたけど、レズビアンのタイムトラベル・ロマンスとは、前作と趣向を変えてきたわね。

この夜を終わらせない ティジャン

The Insiders3部作の1作目。ヒロインが映像記憶能力のある天才ハッカーだというから壮大な陰謀を描いたサスペンスなのかと思ったけど、サスペンスというよりは金持ち一族の内輪もめみたいな話だったな。

アディ・ラルーの誰も知らない人生 V・E・シュワブ

1700年代初頭のフランスで、23歳のアディは親に強要された結婚から逃れたくて必死で神に祈りを捧げ、現れた神と取引をして自由を得た。しかしその取引には落とし穴があり不老不死の自由な人生を得たかわりに誰の記憶にも残らない存在になってしまう。

魔法使いの失われた週末 シャンナ・スウェンドソン

魔法製作所シリーズの短編集。お気に入りのシリーズなので短編でも刊行してくれるのは有難いけど、やはり短くてちょっと物足りない。

ミス・エルズワースと不機嫌な隣人 メアリ・ロビネット・コワル

ジェーン・オースティン風のヒストリカルに魔法の要素を加えたファンタジーロマンス。Glamourist Histories シリーズの1作目。

求婚されなかった花嫁 エラ・クイン

兄弟姉妹がやたらと多いワーシントン一族のシリーズ。特別目新しいものはないけど楽しく読めるヒストリカル。

2022年4月刊行予定 ロマンス小説 ミステリー小説

2022年4月刊行予定 ロマンス小説 ミステリー小説 The Duke Who Loved Me ジェーン・アシュフォード ヒードレス シャノン・マッケナ 恋のてほどきはひとつ屋根の下 オリヴィア・ドレイク 明日の欠片をあつめて シャロン・サラ

心のナイフ パトリック・ネス

主人公が14歳の設定なので内容がちょっと子供っぽい気がするけど、テーマは結構深いものがあると思う。人々が宇宙船で別の星に移住して、そこに町をつくって自給自足の生活をしている世界の話

ストーンサークルの殺人 M・W・クレイヴン

イギリスの作家が書いたミステリーだけど、登場人物はアメリカの犯罪捜査ドラマに出てきそうなタイプ。主人公のポーは事件解決のためなら危険も厭わず規則も曲げるアウトローっぽい刑事で、彼の相棒のティリーは天才肌でずば抜けたIQの持ち主だけど対人スキ…

誓いの口づけはヴェールの下で アマンダ・クイック

この作者の初期のヒストリカルで幻の名作だそうな。A・クイックは5~6冊は読んでいるけど、お転婆なヒロインがヒーローを振り回すのが定番で、キャラクターも毎回そっくりだし、パターンが出来上がっているわね。

偽りの銃弾 ハーラン・コーベン

ヒロインが元陸軍ヘリのパイロットで射撃の名手だというからアクション系のサスペンスかと思ったら、かなり緻密なミステリーだった。

アリスが語らないことは ピーター・スワンソン

P・スワンソンはお気に入りの作家で既刊は全部読んでいるので、新作が出るのを楽しみにしていた。この作者らしい、どこか歪んだところのある複雑なキャラクターの心理サスペンスで面白かった

愛より速く、闇より深く シャノン・マッケナ

The Hellbound Brotherhood 3作目。カルト集団の中で育った3兄弟のロマンスを描くシリーズ。本作は兄弟の幼馴染で15歳の時にカルト集団から逃げ出したフィオナと、3兄弟の長男アントンが主役。

傲慢な花 ノーラ・ロバーツ

ノーラ・ロバーツの初期のロマサス。原書が1988年刊行のかなり古い作品だけど最近Netflixが映像化して話題になっているので読んでみた。RITA賞の前身のGolden Medalion賞も受賞しているし

夜の記憶は密やかに ジェイン・アン・クレンツ

軽く読めるロマンティック・ミステリー。ホテル・チェーン経営者のヒロインと、彼女のホテルの警備コンサルタントをしているヒーローのロマンス。

赤い衝動 サンドラ・ブラウン

本作のヒロインはテレビのレポーターで、昔ホテルの爆破事件で人々を救い国民的英雄となった元陸軍少佐にインタビューするためにやってきて、少佐の息子のヒーローと出会う。

座席ナンバー7Aの恐怖 セバスチャン・フィツェック

飛行機に乗った精神科医が事件に巻き込まれる"タイムリミット航空サスペンス"とのことで、あらすじがリーアム・ニーソンの映画っぽいなと思いつつ読んでみたら、まさにそんな感じのストーリーだった。

メインテーマは殺人 アンソニー・ホロヴィッツ

A・ホロヴィッツは翻訳ミステリーのランキングで毎年1位に入っている人気作家。実名で自分を主人公にしてミステリー小説を書くというのは面白い試みだと思う。

無痛の子 リサ・ガードナー

DDウォレン刑事シリーズ。「棺の女」のフローラにも驚かされたけど、本作に出てくる無痛症の医師アデラインもすごいキャラクターで、生まれも育ちも特殊すぎる女性だった。

2022年3月刊行予定 ロマンス小説 ミステリー小説

2022年3月刊行予定 ロマンス小説 ミステリー小説 放蕩貴族と片隅の花 エリザベス・ボイル 美徳と悪徳を知る紳士のためのガイドブック マッケンジー・リー 偽りの信奉者 イヴ&ローク53 J・D・ロブ

夜と少女 ギヨーム・ミュッソ

以前読んだこの作者の「ブルックリンの少女」はフランス人作家が書いたにしては大統領選まで絡んだアメリカ寄りの壮大なサスペンスで、大風呂敷を広げたなあという印象だった

陪審員C-2の情事 ジル・シメント

法廷ミステリーかと思ったけどミステリー要素は少なめで、陪審員の人間模様を描いたフィクションという感じ

愛をなくした大富豪 スーザン・マレリー

それにしても最近のハーレクインは元の長さに関係なくどれも短く編集しちゃうのね。これなんて原書のページ数から察するに半分近くカットされて、最早ダイジェスト版じゃないか。

恋が始まるウィークエンド ジュリー・ジェームズ

ヒーローのニックはFBIの潜入捜査官でワイルドなタイプ。ヒロインのジョーダンは億万長者の娘だけど自分でワインショップを経営している自立した女性で好印象。ヒロインがひょんなことからFBIのおとり捜査に協力することになり、ヒーローと恋人同士のふりを…

マーダーボット・ダイアリー マーサ・ウェルズ

マンガ化して少年ジャンプとかに連載しても良さそうな、かなり笑えるアクションSFという感じで人気があるというのも納得。連続ドラマを見るのが大好きで対人恐怖症のマーダーボットのシニカルな語りが面白すぎる。

口づけは扉に隠れて シャノン・マッケナ

Men of Maddox Hill シリーズ2作目。主役カップルのキャラクターもストーリーも前作と似たような感じだけど、専門職で仕事の出来るヒロインの話は好きなのでこれも楽しく読めた。

棺の女 リサ・ガードナー

若い女性の拉致監禁事件を扱ったサスペンスは多いので、これまでに似たような話をいくつも読んだけど、これは監禁状態に置かれた女性の心理状態をかなり詳細に書いていて興味深い内容だった

落ちた花嫁 ニナ・サドウスキー

映画やテレビの脚本家として活躍していた作者の小説デビュー作だそうで、確かに映像をそのまま文章にしたような視覚に訴える作風だけど、内容はB級映画っぽくて小説としてはちょっと深みが足りないような。

発火点 C・J・ボックス

いかにもアメリカ人の好きそうな、大自然を舞台にした派手なアクション満載の社会派サスペンス。作者のあとがきに書いてあったけど実際にこれに似た案件があったそうで事実に基づいているというから驚き。

恋の始まりはやむを得ない結婚から アドリエンヌ・バッソ

すんなり読めてこれといって悪いところのないストーリーで、主役カップルの好感度も高く、万人受けするロマンスだと思う。あまり期待せずに読んだら意外と面白かった

無断転載禁止 copyright © 2018 BOOKWORM